「見えないもの」を「観えるもの」へ

「見えないもの」を「観えるもの」へ
最新技術を駆使して、トラブルの隠れた原因に迫ります。

「水」と「空気」に関するトラブルを解消するためには、肉眼では見えない多種多様な原因物質を科学的に捉える視点が欠かせません。 当社は、最新の検査機器を駆使して対象物に迫り、詳細な分析データをもとに「より正確に」「より高精度に」「より速く」原因を追求します。

事例を見る
分析の対象となる物質の形状を正しく観測するために、今まで分析業界では使われていなかった、最新の観測機器「デジタルマイクロスコープ」を導入。これにより、ミクロの単位で対象物の色や形を鮮明なカラー画像で見ることができ、大きさや奥行きまで3D画像で計測できるなど、より精度の高い観測が可能になりました。
デジタルマイクロスコープ
クイズこれって何?
観る
矢印
瞬時に計測が可能 拡大観察 175倍
矢印
あらゆる角度からの観察が可能
  • 1,000倍までの幅広い観察
  • 高倍率でも全体にピントの合った 拡大画像で観察できる
  • 動画の撮影も可能
測る
3D画像から深さ方向を分析・解析 3D画像の高低差を色分け
銅配管腐食部分 吹き出し異物の観察
  • あらゆる場所の長さ、面積、角度、 半径を瞬時に測定
  • 3D合成観察を行い、任意の場所 の深さをリアルタイムで計測
  • 3D画像の高低差をカラーで 色分け表示
  • 一度、測定し画像として保存して おけばいつでも再解析ができる
500円硬貨の腐食部分の観察
外観の観測だけでは判明しにくい不純物や異物、腐食状況については、対象物を元素レベルで特定する必要があります。走査型電子顕微鏡(SEM+EDX)は、電子ビームを試料に照射することにより、得られた情報(二次電子・反射電子・特性Ⅹ線)から試料の拡大像や 元素組成を知ることができ、主に微量の金属成分や元素分布を解析できます。
走査型電子顕微鏡
クイズこれって何?
調べる
給水管から流出した白色異物を走査型電子顕微鏡でみてみると…
走査型電子顕微鏡 走査型電子顕微鏡
電子顕微鏡による観察 Mappingによる元素分析状態 ※表面の元素に対応する色で表示
走査型電子顕微鏡 走査型電子顕微鏡
元素スペクトルと定量結果 分析異物の構成元素が分かります。
X線回折分析装置は、試料にX線を照射することにより得られた散乱から結晶の持つ固有の構造を知ることができるため、固体試薬中にどんな物質が含まれているのかを調べるときに使用します。当社では、特に低濃度のアスベストや結晶質シリカなどの分析に向いている高感度の装置を導入しています。
X線回折分析装置
調べる
アスベストをX線回折分析装置で観てみると…
アスベストなどの鉱物をはじめとする結晶物は非常に種類が多く、種類ごとにX線回折チャートの形が違います。当社のX線回折分析装置には10万種類以上の結晶物のデータが蓄積されています。また、実際のサンプルではさまざまな物質が混ざった状態なので、検査結果を出すには知識と経験が必要不可欠です。
アスベスト 矢印 X線回折チャート
X線回折チャート」とは?
X線回折チャートはX線の跳ね返りをグラフ化したものです。結晶面の距離(下図の d )によって、X線が跳ね返る角度(下図の θ)が違います。結晶面の距離は結晶物によって違うので、跳ね返りの角度から結晶物が何かを調べることができます。
矢印 X線回折は物質の結晶構造(分子の立体構造)を「観ている」ものなのです!