ろ過系統水質管理

 

ろ過装置とは

ろ過装置と一言でいっても用途はさまざまです。下記のろ過装置の中には、目的にあったろ材(樹脂)が充填されています。ろ材には、定期的な交換とメンテナンスが必要不可欠です。

WS000000p35

WS000001p35WS000002p35

 

浴槽系統のろ過システム

浴槽系統のろ過装置は、基本的に水中の浮遊物質(SS)を除去する目的で設置されています。特に近年になって、浴槽系統で発生するレジオネラ属菌に対する対策が重要視されはじめています。そのため、系統の消毒や定期的なレジオネラ属菌分析に対する関心も非常に高まっています。

 

WS000003p35

 

日常点検

設備管理に携わる管理者は、右記の項目をもとに日常点検を行ってください。
(厚生労働省「公衆浴場における衛生管理要領」の一部より抜粋)

WS000004p35

 

低コストで高い管理品質を実現する浴槽系統総合メンテナンス

浴槽系統でのレジオネラ属菌発生のリスクは、どの施設もゼロではありません。万一、レジオネラ属菌が検出された場合、営業停止などによる損害は甚大です。従って、浴槽系統のメンテナスが非常に重要となります。水質検査部門から設備の洗浄部門まで、さまざまな専門スタッフを有する当社は、そのトータルな体制で高い管理品質を実現しています。また、ろ過装置メーカーの違いを問わず、きめ細かなメンテナンスサービスを提供し、他社に負けないコストパフォーマンスを発揮します。

 

  • 定期点検

下記が、当社が行う定期的なメンテナンスです。

WS000005p36

その他、薬注ポンプ・薬液タンク・次亜塩素酸ソーダ補充を行い、塩素濃度測定・水質分析なども実施しています。

WS000006p36WS000007p36

 

  • レジオネラ属菌検査 

レジオネラ属菌検査を含めた浴槽の水質分析を実施します。社内に最新の検査分析機器を備えた検査室があり、専門スタッフが短期間で分析結果をお知らせします。

WS000008p36WS000009p36

 

  • 浴槽系統洗浄作業 

レジオネラ属菌が検出された場合には、浴槽系統の洗浄作業も実施できます。専用の洗浄剤で系統内に発生するバイオフィルムを除去します。

WS000012p36WS000013p36

 

  • ろ材入替え

ろ過装置は時にレジオネラ属菌の温床となります。ろ過器内に形成されたバイオフィルムの中で菌が増殖します。しかも、いったんバイオフィルムが形成されると、殺菌剤を使用してもバイオフィルム内部までは有効に働きません。このため、ろ材の定期的な入替えが必要になります。当社では、装置メーカーを問わずあらゆるろ材に対応します。

WS000010p36WS000011p36

 

残留塩素濃度計による管理

WS000014p36
浴槽系統は、入浴者の増減によって、残留塩素の濃度が大きく変化します。一時的に残留塩素濃度が「ゼロ」になる場合も十分に想定されます。こうした事態を防ぎ、レジオネラ属菌発生リスクを抑えるには、残留塩素濃度計の導入が有効です。系統内の塩素濃度を連続して測定し、一定の濃度を維持することができます。