菌検査による衛生管理

菌とは何?

我々の周りには、いわゆる雑菌でどこにでも生息している一般細菌や、腸内細菌である大腸菌、
土壌にはレジオネラ属菌など、多種多様な菌が至る所に生息しております。

 

建築物衛生法」では飲料水の一般細菌や大腸菌
公衆浴場法」での浴槽水や「遊泳プールや学校保健法」のプール水はレジオネラ属菌や大腸菌
などの検査の義務があります。
また、食品工場や手術室など菌が存在すると悪影響を及ぼす場所もあり、
衛生管理おいては特に重要となります。
菌検査による衛生管理1
菌検査による衛生管理2 

菌なら私たちにお任せ下さい

落下菌検査(標準的な分析)

指定場所で、一定時間培地を解放し菌を採取します。
培地に落下した菌が生育して形成するコロニー数を計測を行います。

主にクリーンルームや作業場、教室等の検査に用いられます。

 

付着菌検査(ピンポイント分析)

滅菌水でぬらした綿棒(スワブ)で検体をふきとり、滅菌水に溶解して検査する方法と、
直接培地をスタンプする方法があります。

主に特定場所の菌の生息状況を確認します。

 

空中浮遊菌検査(より精度の高い分析)

エアーサンプラーで室内の空気を定量吸引し、決まった風速で培地に吹付、
培地上に生育・形成されたコロニー数を精度の高い計測が可能となります。

主に精度が求められる手術室や、食品加工現場、
クリーンルームの検査など幅広い分析に用いられます。

 

水中の菌検査

水の中に生息している菌の検査を行います。

飲料水の一般細菌・大腸菌、プール水や浴槽水などの
レジオネラ属菌など法令で義務化されている分析です。

 

菌検査による衛生管理3
菌検査による衛生管理4

 

菌の検査必要箇所

〈 1 〉飲料水・・・・・・・・ 一般細菌、大腸菌
〈 2 〉浴槽・・・・・・・・・ 大腸菌群数、レジオネラ属菌
〈 3 〉プール・・・・・・・・ 一般細菌、大腸菌群、レジオネラ属菌
〈 4 〉食品製造用水・・・・・ 一般細菌、大腸菌群
〈 5 〉手術室・クリーンルーム ・・・ 一般細菌(付着菌、落下細菌、浮遊菌)
〈 6 〉冷却塔や空調機ドレン水・・・ レジオネラ属菌、従属栄養細菌
※また菌の分析で、さらに菌の種類を同定する分析方法があります。
菌検査による衛生管理5

 

HACCPにおける菌検査

HACCPとは

食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード;Hazard)を分析し、それを最も
効率よく管理できる部分(CCP;必須管理点)を連続的に管理して安全を確保する管理手法です。
※原型はNASA(米国航空宇宙局)の有人宇宙飛行計画における
 宇宙食開発の中で生み出された管理手法です。

 

HACCPを導入している工場での検査について

〈 1 〉食品取扱設備などを常に清潔に保つ為、水質検査や菌検査を実施
〈 2 〉使用水の衛生管理に、貯水槽などの定期的な清掃と水質検査
〈 3 〉危害分析では、汚染した場合に、菌検査や水質検査で原因追究に役立てて頂けます
菌検査による衛生管理6

 

プールの循環設備での菌検査事例

菌検査による衛生管理7
菌検査による衛生管理8
(検査箇所)
 ・配管内部の水質検査及び配管内部の付着菌検査
 ・還水槽内の水質検査及び喫水面の付着菌検査
 ・ジェットプールのエアー吹き出し部の水質検査及び付着菌検査
 ・濾過器の逆洗水の水質検査

 

分析調査の結果、ろ過機逆洗水およびエアー配管系統で基準値を超える菌が検出。
ろ過材の入れ替えおよびエアー配管洗浄を実施し、菌を基準値以下で管理することができました。
菌検査による衛生管理9

 

 

水質検査へ