アスベスト6石綿分析について

平成20年2月6日の厚生労働省通達により、従来のクロシドライト・クリソタイル・アモサイトに加えトレモライト・アクチノライト・アンソフィライトの6種類の石綿分析が義務付けられました。

また、以前に3石綿で分析しているものに関しても石綿含有せず(0.1wt%以下)の場合、アクチノライト・アンソフィライト・及びトレモライトの再分析が必要となっています。

厚生労働省通達 基安化発第0206003号〔平成20年2月6日〕 厚生労働省HPより

石綿障害予防規則第3条第2項の規定による石綿等の使用の有無の分析調査の徹底等について

日本水処理工業では、6種類全てのアスベスト分析に対応しています!

建築物の耐火等吹付トレモライト・アクチノライト・アンフィソライトは元々の含有量が0.1~1%と低いものがほとんどであることから、6石綿分析においては非常に精度の高い分析が求められます。 弊社では6石綿 全ての標準試料データをもとに、石綿と間違いやすいとされる10種類の鉱物の試料データ、またX線回析装置に蓄積された10万以上の鉱石データと比較し、分析サンプルの特定を行います。

さらに定性定量も併せて行いますので、より正確な石綿の有無が確認できます。また繊維状物質が確認された場合には、走査電子顕微鏡による解析 (SEM+EDX) による 定性分析を行い、最終確定試験までさせて頂きます。
6石綿分析においても徹底した精度管理のもと、皆様に正確な分析結果をお届けさせて頂きます。

04-7-132

建材製品中のアスベスト含有率測定方法

建築物の耐火等吹付け材や建材中に含まれたアスベストを、位相差顕微鏡を使用した分散染色法による定性分析とⅩ線回折分析法による定量分析により測定します。

対象;クロシドライト・クリソタイル・アモサイト・トレモライト・アクチノライト・アンソフィライト

関係法令;JIS A 1481 建材製品中のアスベスト含有率測定方法 〔平成18年3月25日〕

対象となる6石綿

04-07-4a3 04-07-4b2 04-07-4c3
04-07-4efbd845 04-07-4e4 04-07-4f2

微分熱重量分析による左官用モルタル混和材中のアスベスト測定方法

従来のX線回折を用いた方法では蛇紋岩を構成するクリソタイル、アンチゴライト、リザルダイトのピークがほとんど同じ位置にあるため区別することが難しく、その為クリソタイル綿が入っているにも関わらずアンチゴライト等と判定されている懸念がありました。
微分熱重量法(DTG法)では、鉱物中結晶水の脱水温度が違うことを利用し、蛇紋岩のクリソタイル、アンチゴライト、リザルダイトを区別して定量分析することが可能です。

関係法令 ; 蛇紋岩系左官用モルタル混和材による石綿暴露の防止について
基発第0702003号 〔平成16年7月2日〕

04-07-7

蛇紋岩系左官用モルタル混和材中の石綿の分析が可能な機関として
厚生労働省ホームページに弊社が掲載されております!
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/sekimen/mortar/kikan.html

天然鉱物中の石綿含有率の分析方法について

天然鉱物のうち粉状のタルク、セピオライト、バーミキュライト及び天然ブルーサイトについて、X線回折装置、示差熱・熱重量測定装置(微分熱重量法・DTG法)により石綿含有の判定を行います。

関係法令 ; 天然鉱物中の石綿含有率の分析方法について
基安化発第0828001号 〔平成18年8月28日〕

リヒテライト(リヒター閃石)とウィンチャイト(ウィンチ閃石)について

ウィンチャイト、リヒテライトは、ILO及びWHOに定義されるアスベストには該当しません。一般的にはあまり知られていないようですが学術的な知見ではトレモライト類として分析することで含有の有無が確認できます。またSEM/EDX(走査型電子顕微鏡)によりアルミニウムやナトリウムの確認ができた場合には、トレモライトと区別することも可能です。

弊社では、『建材製品中のアスベスト含有率測定方法 JISA1481:2008』
にてカナダ産のリヒテライト及びインド産のウィンチャイトの分析を行いました。

位相差顕微鏡分析とX線回折分析をおこないトレモライト類として確認できることを証明いたしました。
分析結果につきましては厚生労働省、国土交通省、経済産業省、及び学識者の方々に
提出し評価を頂いております。
当然ながらSEM/EDXでは分析結果からリヒテライト及びウィンチャイトと確認できました。

如何に精度を高めて0.1%超の6種類アスベスト含有建材や非常に低い濃度のアスベストを発見できるか!が重要なポイントです。

私見ではありますがJISA1481:2008の分析方法は非常に良く考えられた方法で出来る限り安全側に結果がでるように工夫されています。つまり非常にアスベストに近い区別がつけづらいケースには出来る限り安全側(対策が必要となる0.1%超含有の意味)になるということです。

その上で分析者は0.1%超含有しているのか含有していないのか証明する責任があります。加熱処理や蟻酸処理・アナライザーやDTG・SEM/EDXなど分析会社・分析者の徹底したこだわりが更に精度の高い分析結果となり本当に含有している・含有していない証明となります。


日本水処理工業株式会社
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町8-14
TEL06-6363-6330 FAX06-6363-6372
品質管理者 アスベスト分析精度対策担当 取締役本部長 脇谷 壮太朗