臭気測定

悪臭は悪臭防止法によって規制されています

悪臭は公害対策基本法において典型7公害※の一つと規定されており、悪臭防止法によって規制されています。悪臭防止法は、事業活動に伴って悪臭を発生している工場や事業塲に対して必要な規制を行い、悪臭防止対策を推進し住民の生活環境を保全することを目的として昭和46年に制定されました。
  
※典型7公害・・・大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭

 

~悪臭とは?~

人が感じる「いやなにおい」、「不快なにおい」の総称です。一般的に「いいにおい」と思われるにおいでも、強さ、頻度、時間によっては悪臭と感じられることがあります。迷惑だと感じる人がいれば、そのにおいは「悪臭」なのです。

臭気測定

近年では多種多様な原因により、悪臭への苦情が増加傾向にあります。臭気測定により現状把握のお手伝いをさせて頂きます。

 

規制対象

規制地域内の全ての工場・事業場・農場・飲食店・事務所などが対象
( 規制地域は都道府県知事及び市長が指定 )

 

規制方法

1) 特定悪臭物質の濃度による規制(22物質指定)
2) 臭気指数による規制(嗅覚を用いた測定による基準)※
※特定悪臭物質では十分な規制効果が見込めないため平成7年導入されました

 

規制基準

都道府県知事及び市長が 1)又は2) の規制方法で1号基準(敷地境界)、
2号基準(排出口)、3号基準(排出水)による規制を制定

syuuki1

 

特定悪臭物質の濃度による規制(22物質指定)

分析機器を用いて、悪臭公害の主要な原因となっている下記の特定悪臭物質の臭気濃度を測定します。
syuuki2
 

臭気指数による規制(嗅覚を用いた測定による基準)

人間の鼻(嗅覚)で判定されるもので、複合臭や未規制物質のにおいにも対応することができ、人の感覚と一致しやすい測定となります。

 

● 特徴1 多種多様なにおいの物質に対応

● 特徴2 住民の悪臭に対する被害感覚と一致しやすい。においの程度がイメージしやすい

● 特徴3 国家資格である「臭気測定士」より、精度管理・安全管理マニュアルも策定され、
   測定の信頼性が高い

 

特定悪臭物質では対処できない、すべてのにおいを総合的に評価する『 臭気指数による規制 』が近年普及しています!

 

測定方法

syuuki3
現場で採取した気体試料を、嗅覚検査に合格した6人以上のパネルが臭気を感じられなくなるまで無臭空気で希釈し、臭気指数を算出することで悪臭の程度を数値化します。

 
規制基準を超える悪臭に対して適切な措置を行わないと、市町村長から改善勧告、改善命令がだされ、さらには懲役や罰則が科せられることがあります。
臭気測定による現状把握を是非ご検討下さい。