mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


<エリア別>中国・四国

神戸・姫路サービスセンターをよろしくお願い致します! その2

こんにちは! 神戸サービスセンター 清瀬です。 もうすぐ今年も終わり・・・みなさま1年間いかがでしたか? 神戸SCでも少しずつ大掃除を進めております。 おや?あちらでも大掃除中のようです! 毎年12月になると、事務所のエアコンを若手サービスエンジニアが洗浄します。 作業しているのは2年目の石埜くん。 下から教えているのはわたしの同期、3年目の木梨くんです。 写真には写っていませんが、すぐ近くで課長・所長・主任が仕事しています。 大先輩たちの視線を感じながらの作業…どきどきです! 普段聞くことができないことをゆっくり教えてもらったり、先輩の技を観察したり・・・ 貴重な時間です。 こちらでは営業の横内さんとサービスエンジニアの村尾さんが、作業手順の打合せ中です。 営業とサービスエンジニアの距離がとても近いことも、我が社の強み。 各々のプロ意識の高さが伝わってくる、熱い打合せでした・・・! ミーティングでは、施工方法やトラブル事例の共有、勉強会を行ないます。 全員揃うと部屋がぎゅうぎゅうです・・・ より速く、より確実に、より安全に・・・ どうすればお客様に喜んでいただけるか。 いつもは笑顔の所員も、この時は真剣な表情です! 今回は神戸SCの日常をお届けしました♪ 現場で最高のパフォーマンスをご提供できるよう、日々努力しております。 ご相談事などございましたら、ぜひ現場のサービスエンジニアにもお声掛けください! 神戸SC 清瀬 ↑↑当社facebookはこちらから


神戸・姫路サービスセンターをよろしくお願い致します! その1

今回は当社の神戸・姫路サービスセンターをご紹介いたします。 ご紹介するのは・・・     神戸SCは 兵庫県神戸市兵庫区西出町 にあります。 神戸駅・新開地駅から徒歩8分、国道2号線沿いです。   姫路SCは 兵庫県姫路市庄田 にあります。 姫路バイパス市川ランプを降りてすぐです。   神戸・姫路SCは総勢22名。 広~い兵庫県の北から南まで、 そして中四国地方のお客様も、私たちがご担当させていただいております。 特に2009年の姫路SC開設以来、中四国地方からのご依頼が急増中。 大型現場や当日対応の緊急コールなど、日々たくさんのお電話をいただきます。     お電話の内容も地域によって特徴があるんですよ。 「プレート熱交って洗えるの?知らなかった!」 「こっちで対応できる業者さんがいなくて、水処理さん来てもらえませんか?」 「温泉施設で困ってることがあって…」 どんなお問合わせでも大歓迎です♪   わたしたちの大きな目標は、お客様に「水処理ファンになっていただく」こと。 たくさんのお客様に当社を知っていただくために、 出張プレゼンテーションも行なっております。 実際の施工方法やトラブル解決事例など、お客様ご希望の内容でプレゼンさせていただきます。   もちろん中四国地方へも参りますので、お気軽にお声掛けくださいね。 ブログでサービスセンターをご紹介するのは初めてでしたが、いかがでしたか? サービスエンジニア、営業、スタッフの距離がとても近いことも、サービスセンターの強みです。 われわれが一丸となって、皆様をサポートさせていただきます。 今後とも神戸・姫路SCをよろしくお願い致します! 神戸SC 清瀬 ↑↑当社facebookはこちらから


工場の汚れている、空調機洗浄と部品交換作業

神戸サービスセンターと長いお付き合いをして頂いている、ある大手空調メーカーさんで 所長をされていた方が、広島に移動され、そこで汚れの酷い機械があり、 神戸サービスセンターに御連絡をいただきました。 工場内の機械の設置状況は、油汚れが酷く、さらに高所(設置高さ:約3.5m)で、 非常に困難な作業でした。 油汚れにより熱交換器フィン詰まりがあった為、熱交換器が凍結し本体より結露による水漏れ、 ドレン皿破損等の症状が発生していました。 汚れと劣化がひどい為、ファンランナーとドレンパンは部品交換となりました。 洗浄廃液は機械油がかなり含有している為、 現地にて判断し、洗浄廃液は全て回収いたしました。 洗浄後に判明する、廃液の回収の理由には、 今回の現場の様に機械油などを大量に含んだ洗浄廃液の他にも、 工場の立地条件によっては、畑や田んぼに隣接している場合があり、 その様な工場は厳しく排水を制限されています。 現地の状況にも柔軟に対応できるように、回収の準備をしていますので、 現地判断による廃液回収にも対応が可能です。 今回は油汚れがひどかった為、定期的な洗浄作業をお勧めいたしました。 神戸SC 依田 関連ページ:空調機器化学洗浄 ↑↑当社facebookはこちらから


冷却水循環水量が洗浄後、約2倍に!

アンモニア冷凍機の凝縮器(プレート熱交型)にスケールが付着し、 冷却水温度にて、Δt10以上(冷却水の「入口」「出口」の温度差が10度以上)あり、 お客様がお困りでした。 “通常、冷凍機等「凝縮器」の冷却水温度差(出口温度 - 入口温度)は5度以下です。 それ以上の温度差が付く場合は、凝縮器の冷却水回路に問題が発生している可能性が高いです。 今回は「凝縮器の汚れ」が原因であった為、薬品洗浄を行いました。 洗浄前の内視鏡調査で大量のスケールが付着しているのが確認されました。 プレート熱交換器は構造上、内視鏡調査では全てを確認する事が出来ない為、 洗浄前後で効果を数値化するため、今回は超音波流量測定も実施しました。 作業の効果が数値化し、「あいまいさ」がなくなる為、作業時の緊張感も増します…! プレート熱交換器は洗浄時「流量・流速」を確保しないと洗浄効果が期待できない為、 大型の循環ポンプを使用します。 洗浄後の内視鏡調査では、スケールがきれいに除去されているのが確認できました。 また、超音波流量測定の結果、冷却水循環水量は洗浄前に比べ、「約2倍!」に増加したことが 確認できました。 洗浄効果が数値ではっきりとわかるため、お客様も喜んでおられました。 弊社では、プレート熱交換器を「分解」することなく洗浄することが可能です。 冷却水+ガス(フロン・アンモニア)など分解が容易ではない回路に有効です。 神戸SC 河合 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント