mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


簡易専用水道検査

日々の出来事♪ 貯水槽点検に意外な「敵」が・・・

いつものように朝から簡易専用水道検査に出かけました。 数週間前から練った工程で順調に1件目、2件目とこなします。 「あと1件終われば昼休憩だ。」と午前中最後の現場。 管理人様が常駐されていない為、管理会社様が立会い頂いた一般的なマンション。 まずは貯水槽廻りからの検査 周囲ヨシッ!、水抜き管末端ヨシッ!、オーバーフロー管末端、防虫網ヨシッ!、底面部ヨシッ! 後は、反対側見て水槽の上に上ろうと反対側に回ったところ、 「な、な、なんと、ネコが~っ、ネコが死んでるぅ~」 すぐ、立会いの方に報告。女性の立会いの方もビックリ。 急いで市役所に連絡し、引取りをお願いされていました。 それ以外は特に異状なく現場完了。 お昼休みも終わり、本日4件目の現場に。 大阪南部の私の地元に近い馴染みのある地区のマンションです。 管理人さんに挨拶、鍵を預かって貯水槽に向かいます。 周囲や下回りを点検、異常なし。タラップを上り、マンホールの鍵、 ロックナットを外し、マンホールのフタを開けます。 パッキンが密着して少し硬くなっていたので、少し力を入れて開けました。 「ウオォォー」、今度はクモ。それも数年前話題になった「セアカゴケグモ」やんかー。 マンホールとフタの間、さっき外したロックナットのそばに巣を作っていました。 反対側のヒンジのところにも巣とクモが数匹いるではないか。 素手で触って、噛まれては大変です。作業用の手袋をつけていたのでパッと払いました。   受水槽での作業が終わって、高置水槽の検査に行きます。屋上の更に上の搭屋の上にある水槽です。 「さっきはクモがいたけどこんな上にはいないだろう」と無警戒でマンホールのフタを開けたところ、 「ここにもおるやん!」 クモが槽内に落ちないようにすべて払いのけました。 管理人さんに報告したところ、市役所が近々敷地内を消毒しにくるということでした。 今日はクモでしたが、その他にも貯水槽周辺にはハチ、カメムシ、やもり等、 いろんな生き物がいます。管理会社、作業者の方、くれぐれもご注意を。 大切な飲料水を守るため、衛生管理には充分に気を付けておきたいものです。 大阪本社 下島 関連ページ :簡易専用水道検査 ↑↑当社facebookはこちらから


劣化した水槽に遮光コーティングを

先日、築年数が30年以上経過している建物の簡易専用水道検査に伺いました。 水槽表面を見てみると、さすが30年! 劣化が目立ち、槽内の状態が 気になりました。 屋外の水槽の場合、特に表面の劣化は屋内の水槽と比べ、進行が早いです。 塗装がはげてくると、槽内に光を通し、藻が発生するなどして 槽内の水質に影響する恐れがあります。 今回の検査では水質に問題は見られず、一安心でしたが、 早めに遮光コーティングを行なうなどの対策をお勧めしました。 大阪本社 青木


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント