mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


設備洗浄

給湯系統にもご注意下さい!管末器具の多い施設でのレジオネラ対策

レジオネラ属菌は冷却水・浴槽循環水系統で繁殖し、ミストとなって 呼気から肺の中マクロファージという細胞内で繁殖、発症を起こす感染症として知られていますが、 給湯系統からの感染が最近問題となり、管理の盲点となっているようです。 シャワーヘッド・混合栓などの管末器具の多い施設(病院・介護施設・ホテルなど)においては、 使用頻度が少ないことや通水量が少ないことで、系統内にバイオフィルム(ぬめり)が発生し、 さらにその中で発生した原生動物のアメーバー内でレジオネラ属菌は繁殖します。 この場合、ぬめりごと除去しない限り、レジオネラ属菌は水と共に管末より出続けます。 また、貯湯槽内も繁殖の温床になる場所として注意が必要です。年に1回は清掃・消毒を実施してください。   ◆管末の日常メンテナンス ・シャワーヘッドは定期的にヘッドを消毒剤に漬けて内部の菌を消毒し、ヘッド内の汚れ状況を確認する ・混合栓内は滞留しやすい構造の物もあり、高温水による熱消毒で流しだす ・いずれの器具も洗浄後は、水のみで流しておくと再汚染防止になる ▶▶注意 配管内で繁殖してしまった場合には、給湯温度をあげて管末で流しても、管末までの間を消毒できるだけの 温度にならないことも多いため、レジオネラの消毒が不十分になることがあります。   ◆ 菌が繁殖した場合 現状の管末でのレジオネラ属菌検査(培養法)を行うことで状態を把握することができますが、 レジオネラ属菌が発生する危険性を調べる方法として LAMP法(ランプ法)を活用します。   病院・介護施設など高温の湯で消毒が難しい場合には、まずLAMP法で現状確認されることを お勧め致します。陽性となった場合の対処方法としては、系統の全配管洗浄が有効です。 根本的な解決としては、出来るだけ管末器具を減らすことや死水配管を作らないようにすることが必要です。   万が一のレジオネラ属菌検出の場合でも、当社なら検査だけでなく 貯湯槽の清掃や浴槽循環回路洗浄など、すべて自社で緊急対応させて頂きます。 検査から洗浄まですべて自社で施工! 大阪本社 福原 関連ページ :水質管理 ↑↑当社facebookはこちらから


ブラインろ過作業 ~エコフラッシング洗浄作業応用~

既設ブラインが劣化しており、鉄値が3500ppmあるとの事。 薬品メーカーの推奨値が50ppm以下であるため 大変高い値であり、熱源機や配管の劣化が推測されます。 現状を改善してほしいとご依頼を頂きましたが、 限られた予算と工期の為、設備の更新工事や洗浄工事はできかねる状態でした。 劣化したブラインの入替えは必須で、経路内の水質改善には ろ過作業を選定し、 ご提案させて頂きました。 【 作業の流れ 】 ブライン回収→タンク清掃→水洗い→新ブライン投入→ろ過作業 定修工事期間中完了の為、工期は13日間で作業を進めていきます。 大阪本社:奥田 関連ページ:設備洗浄 ↑↑当社facebookはこちらから


ブライン設備のメンテナンス

低温用冷凍機やチラー、産業用熱交換器には熱媒体として ブライン(不凍液)が使用されています。 ある工場で回路中のバルブを交換する為、一時的にブラインを抜き取る必要がありました。 事前に現場調査へ伺ったところ、ブラインが茶色く変色していた為、液性検査を提案。 検査結果から、鉄分の上昇と防腐剤の減少が見られ、液性が劣化していると判明! 当初の計画では、抜き取ったブラインを一旦貯留し、再利用する予定でしたが 急遽ブラインを更新することに。 また、この際に最善のメンテナンスを提案してほしいとのユーザー様の要望から、 回路内の洗浄を行い清浄化した後に新規のブラインを投入する事になりました。 元請様からは、手間のかかる作業をワンストップで対応してもらい助かりましたと ユーザー様からは、重要な工場設備の見えない箇所の不具合を改善することが出来たと 喜んで頂けました。 大阪本社:柳井 関連ページ:設備洗浄 ↑↑当社facebookはこちらから


浴槽緊急洗浄

浴槽緊急洗浄 ある老健施設にて。 浴槽水にレジオネラ属菌が発生し、使用できない状況。 できるだけ早く浴槽を使えるように すぐに浴槽及び、浴槽配管を殺菌洗浄してほしい。 また、レジオネラ属菌検査も、結果をすぐに欲しいとのご依頼を頂きました。 弊社へ依頼を頂いたのは、夕方でした。 急ぎで工程調整をし、洗浄薬品の手配・作業員の確保。 洗浄を実施しました。 夕方には洗浄が完了しました。 すぐに採水した水を持ち帰り、LAMP法で分析し、その日の内に結果速報を報告しました。 後日、正式な分析である培養法での判定も行いました。 洗浄~分析まで 無駄な時間のないスムーズな施工による緊急対応! 緊急対応が可能なのは、全て当社1社で 洗浄~分析まで対応できるからこそ。 お客様には、スピーディーな緊急対応を喜んで頂けました。 今後、定期的な洗浄計画も御予定頂いております。 現場により洗浄計画は異なりますが、今回の場合、浴槽水の検査は年2回予定しており 問題がなければ、3年ごとに洗浄する計画です。 もし、レジオネラ属菌が検出すれば、すぐに洗浄可能な万全のバックアップ体制も整っております。 大阪本社 勝本 関連ページ:設備洗浄 ↑↑当社facebookはこちらから


特殊熱交換器の洗浄技術(プレート熱交換器)

他社にて一度洗浄したが、汚れが取りきれないチラーユニット(プレート熱交)を 再洗浄できれいにしてほしい。とご要望を頂きました。 【 プレート熱交換器の特徴 】 メリット :従来のシェル&チューブに比べ、高効率で小スペースである。 デメリット:形状が複雑で経路も狭い。よって、スケール障害やサビ等の異物での閉塞問題が多い。 洗浄には技術が必要で、また、定期的なメンテナンスがかかせません。 プレート熱交用に特化した洗浄方法でないと、従来の洗浄では落とし切れません。 【 ポイント 】 今回当社の洗浄では、洗浄ポンプ・洗浄口を大きくすることで、洗浄循環水量を増加しました。 さらに、当社独自の洗浄方法であるエアレーション洗浄を施工することで、 頑固なスケール汚れ+複雑で薬品が届きにくい場所 へもアプローチが可能になり、 取り除けなかった汚れを取り除くことができました。 また、流量測定を洗浄前後に実施し、流量の増加を数値にて提供することができました。 ※エアレーション洗浄とは 一度洗浄し、効果が見られなかった為、依頼元様はエンドユーザー様に 熱交換器の入替えを提案していたそうです。 金額も高額となってしまう為、納得しておられない状況でした。 しかし今回、洗浄効果がよかったので高額な熱交換器の入替をぜずに済み、 エンドユーザー様に大変喜んで頂けました。 また、依頼元様は洗浄効果がでない状態では、請求も出来ていなかったそうで、 これで請求できると、エンドユーザー様、ご依頼元様どちらにも喜んで頂ける結果になりました。 洗浄対象の特徴に合わせた洗浄機材を使用し、洗浄薬液の選定や、洗浄方法を工夫する事で 頑固な汚れも落とすことができます。 大阪本社 森永 関連ページ :設備洗浄 ↑↑当社facebookはこちらから