mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


設備の試運転調整

新築校舎にて空調機の調整

新築校舎にて、空調機の試運転を行ったところ、機器の風量が設計値より少ない 空調機がありました。 地下ピット内にてダクト経路、ダンパーの確認を行い、原因と思われる点を 設備会社に報告し、対策をしていただきました。 今回は、対策として空調機の能力アップ(プーリーアップ)をすることで 設計値の風量が出ました。 その後、インバータ周波数、ダンパー開度を設定。各部屋において調整を行いました。 今回も無事調整完了です。 大阪本社 貴嶋 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


快適に過ごして頂くために 2

今回は新築の病院で、空調機の風量測定及び調整を行いました。 現場に設置された空調機の測定を行い、 調整が必要な空調機に対しては現場状況に合わせて調整します。 空調機本体の風量調整を行い、次に各部屋の器具の風量調整を行います。 風量を測定していると、再調整が必要な模様… インバータ※の周波数を上げ下げして、調整を行いました。 今回の病院も問題なく、無事調整完了です! 大阪本社 貴嶋


ビルに入る方が快適に過ごせるように 

  先日新築の事務所ビルに風量測定調整に伺いました。 新築の事務所ビルでは、ビルの引渡し前に空調・換気が設計通りになっているか 検証します。 まず、外調機の風量測定を行い、規定の風量に調整します。 その後、部屋内吹き出し、吸込み器具の風量測定を行い、規定の風量に調整します。 外調機を調整しないで使用すると、機器、器具によってばらつきが発生する為に 調整が必要です。 風量の調整は、ダンパーやシャッターにて行ないます。 調整によって風切り音や異音が発生しないように特に注意しました。 吹き出し器具の音も静かになり、空調の効きもよくなりました!


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント