mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


貯水槽清掃・リフォーム

水槽の定水位弁の改善工事

水槽の定水位弁の取替工事を行いました。 毎年、水槽の定期清掃に伺っている現場で、定水位弁本体に経年劣化が見られ、 また定水位弁が水槽内の手の届かない位置に設置され、不具合があった場合 点検が出来ないこともあり、改善の提案をさせて頂きました。 定水位弁を水槽の外に新規に移設する事により、メンテナンスが容易にできるようになります。 これで一安心です! 大阪本社 郷上 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています! 関連ページ:給水設備メンテナンス


これで一安心。~水槽遮光コーティング~

学校へ水槽の遮光コーティングに伺いました。 この水槽は設置してから何年も経っており、内部に光が透過する状態になっていたので、 定期清掃の度に改善の提案をしてきました。 このままでは水槽の強度が落ちてきますし、槽内に藻が発生する恐れがあります。 もともと水槽は、FRP樹脂そのものに工夫がしてあり、遮光するように製造されています。 (製造会社への指針では照度率を0.1%以下に押えるように指導されていますが、  メーカーでは0.06%以下になるように作られています。) しかし、太陽光、風雨などの影響により塗装が劣化し、再度コーティングが必要になります。 今回強化遮光コーティングをしたことで光の透過が抑えられ、水槽の強度もあがりました。 安全な水を供給することが可能になり、一安心です。 大阪本社 郷上 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


“300トン”のステンレス製タンクの錆取り

「ステンレスタンクの気相部(水と空気の境目)の上部に錆びが 発生している。錆びた内壁を除去してほしい。」というご相談があり、 飲料メーカー様の飲料用水槽のタンクの錆取りに伺いました。 飲料が出来上がるまでには何重もの工程を踏みますが、今回対象になったタンクは 一番初めの市水タンクです。 約300トンもの大きなタンク。 タンクの高さは15Mもあるため、通常の安全帯のほかにハーネス型安全帯(4点支持)と 安全ブロック(衝撃により停止する装置)の2重の装備にて安全な作業を行います。 タンク上は丸く、足場も悪いのでボルト等の落下防止処置も行っております。 タンク内に入る作業時には有資格者が酸素濃度測定を行い、安全を確認してから作業します。 洗浄の大まかな流れとしては、 まず高圧洗浄機でお湯をかけてタンクを温めます。 続いて、別の高圧洗浄機にて薬品と錆を反応させて、錆を溶かしていきます。 タンクを事前に温めておくことで、薬品と錆の反応が良くなり、溶けやすくなります。 最後は回転ノズル式の高圧洗浄機にて、15~20Mpaの超高圧の水を隅々まで 吹きつけ、タンク内を綺麗に洗い流します。 錆が綺麗に落ち、お客様も安心されていました。 神戸SC 太田黒 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


受水槽からオーバーフロー

お客様より「スーパーにて満水警報が出ているので、確認に来て欲しい!」との ご依頼がありました。 現場で状況を確認してみると、確かに受水槽から水が溢れていました(オーバーフロー)。 ボールタップ、定水位弁を確認しましたが、特に異常が見当たりません。 改めて確認すると、水槽本体とパイロット管のつなぎ目より水漏れが見つかりました。 これが原因で定水位弁が正常に作動していませんでした。 原因をお客様に報告し、早急にパイロット管の更新をすることになりました。 2槽式の受水槽でしたので片側のみの給水で一次対応しましたが、 片側のみで使用しているとこちらが作動不良を起すと対応ができません。 こちらの現場は店舗でしたのでなおさら困ってしまいます。 今回、早急に配管の更新の手配ができて良かったです。 トラブルになる前に、給水設備の劣化具合を把握し、更新を検討して頂ければと思います。 大阪本社 郷上 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


30024槽式の冷水槽清掃を一日で完了

大阪市内の工場の冷水槽を翌日には工場を再開させたいので、一日で清掃して欲しいとの ご依頼がありました。 タイムリミットは夕方5時。朝8時半から早速作業に取り掛かりました。 冷水槽は地下式のコンクリート製でした。 そのため、酸素濃度測定器で酸素濃度を確認することはもちろん、 送風機を使って空気を送り込みながら作業を行いました。 この水槽は今まで清掃したことがなかったため、24槽すべてに泥やガラがたまっていました! 清掃はタイムリミットの夕方5時ぎりぎりで終わらせることができました! その後マンホール塗装、水張り、後片付け(道具は泥まみれ…!)で、夜10時半まで かかりました。 さすがに皆ヘトヘトでした…。 槽内を見られたお客様は大変満足されており、頑張ったかいがありました! 大阪本社 青木 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント