mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2011年5月10日

お湯の沸き上げが遅い…!

一般のご家庭のお客様よりヒートポンプ式給湯システムのメーカーへ 「お湯の沸き上げ時間が以前より遅くなった。」というご相談があり、 メーカーのサービスマンが点検に伺ったところ、 ヒートポンプユニットの中(水熱交換器)が詰まっていました。 洗浄で対処できなければ、ヒートポンプユニットを交換しなければなりません。 緊急性が求められていたので、直ちに現場へ急行。 通常の設備洗浄には使用しない飲料水専用の洗浄ポンプを使用、 また最後の水洗いを入念に行いました。 洗浄の結果、無事詰まりを取り除くことができ、流量が回復。 お湯が沸き上がるまで確認し、正常な状態であることをお客様に報告。 洗浄相談を頂く前は、緊急対応を求められていたので、ヒートポンプユニットを 交換するケースもあったそうです。即日対応に喜んで頂けました。 同じような症状でお困りのご家庭へ伺うことがありますが、 特にカルシウム成分が高い井水を使用されているご家庭では、お湯の使用量が 多くなると起こりやすくなる現象です。 熱交換の時にカルシウム分が配管内に皮膜を形成しますが、 熱交換器の配管はとても細くできており、少しの皮膜でも流量が落ちて 熱交換率が悪くなり、このような症状が出る場合があります。 井水を使用されていた現場では、洗浄後、軟水器を設置し、 このような症状は無くなりました。 京都SC 井上


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント