mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2013年10月

放射線測定器はお役に立ちましたか? CASE 20

● ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト 様より ● 測定器は役に立ちましたが、残念ながら測定器の立ち上げ時に針の揺れが大きかったです。 リセットすれば落ち着きますが、最初の揺れが大きいのは直りませんでした。 また、南相馬は高い線量のところが多く、線量の高いところでも測定できるようにしていただきたいです。 ★ご指摘いただいた不具合については、確認、対応させていただきます。(弊社 担当より)


塩素注入点の腐食調査

配管更新を提案している現場にて、浴槽ろ過機の配管の内視鏡調査を行いました。 薬液注入点のサイホン止めチャッキ弁を外し、そこから内視鏡を入れ確認しました。 配管内部は腐食の進行が激しい状態でした。 こちらの現場では設備の都合上、配管材質がSUS(ステンレス鋼)であり、腐食の進行が早いです。 通常は塩ビ管などの使用をお勧めしています。 今回は注入点から先の配管を更新する事になりました。 大阪本社 福井 関連ページ : 水質管理 ↑↑当社facebookはこちらから 写真や動画をUPしています!


放射線測定器はお役に立ちましたか? CASE 19

● NPO ビルトグリーンジャパン 様より ● 雨どい等、他所と比べて高い傾向がある箇所が分かり、役に立ちました。 取り扱いマニュアルもわかりやすかったです。 時期を変えて、測定値の変化を知りたいのでまたお願いします。


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント