mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2015年3月

正体不明の白色結晶物

掃除庫から謎の白色結晶が見つかったとの事。 これが何かを調べて欲しい!との依頼を頂きました。 先ずは、 SEM-EDX にて元素分析 を行い、 無機物or有機物 を判断。 その結果、炭素、酸素が主成分の結晶物であることが分かり、異物は 有機物 であることが分かりました。 この結果から、塩化ナトリウムなどの無機塩の可能性が否定されました。 続いて、 FT-IR による定性試験 をおこないました。 異物の赤外吸収波形をデータベースから検索すると、非常に波形が似たある物質がヒットしました。 その物質は、 CITRIC ACID ANHYDROUS :無水クエン酸 でした。 また、水に溶解させPH試験紙にて確認するとクエン酸の性質である 酸性 を示しました。 以上の事から、今回の 正体不明の結晶物は 無水クエン酸 であることが分かりました。 クエン酸は、柑橘類に含まれる成分で、カルシウムスケールなどを溶かすことから掃除に良く使用されます。 今回の現場でも、掃除用に置いてあった物ではないかと予想されます。 データベース検索の結果から出てきた無水クエン酸の波形は、異物の波形と若干の差異が見られました。 今回は、データベース検索結果の物質が身近に存在するので、 実際に測定を行ってみて比較 してみました。 すると、異物の赤外吸収波形と殆ど差異のない 波形 が見られました。 データベースとの比較だけでなく、手に入るものは 自分で実際に測定してみる事も重要 であることに 改めて気づかされた事例になりました。 大阪本社 新居 関連ページ : 異物検査   ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント