mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2016年4月

エアコンのファンが見えないが、ファンは洗えるの?

某病院にて、病室のエアコンで風速が強風なのに風が出ていない機械があるため、 洗浄のご相談をいただきお伺いしました。 見た目は普通のエアコンですが、吸込みグリルを開けるとファンが見えない! 本当に洗浄できるんですか?と、現場の設備担当者さんは心配されてました。 通常、メーカー対応する場合は全て取外し洗浄します。 冷媒のガスを止めたり特殊な作業になりますので、大幅に時間がかかります。 他社ではこの場合、ファンが洗えない可能性があります。 弊社ではこのような方法でファンを取外し洗浄を行いました。 ドレンパンを取外し熱交換器を外します。機械に付属されている紐で熱交換器を吊るします。 そうすることでファンが見える状態になり、全て取外さずに洗浄することが可能になります。 弊社はメーカー・機種を問わずエアコンの構造を熟知していますので、 無事、洗浄することが出来ました。 もちろん本体の取外しをしていませんので、取外す場合に比べ作業時間は半分ですみました。 現場の設備担当者より「冷房が効くようになり安心した」と言って頂きました。 又、作業中に他の病室も同じ現象がでているとの事で、すぐに点検させて頂きました。 その結果、すぐに他の機械も洗浄することになりました。 現場での急なご相談にもすぐに対応が可能ですので、御気軽にお声掛けください。 本社 武田 関連ページ : 空調機器化学洗浄   ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント