mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2017年10月

安全な水のために~定期清掃から入替え更新工事まで~

通常水漏れをしている場合、ライニング工事をすることが一般的ですが こちらの現場では現在、水漏れが起きている上に、過去に2度接合部ライニング工事を実施しており 更に今回3度目の補修をするのは、耐性から考えると難しい状況でした。 そのため今回は、再度ライニング工事による補修を実施するのではなく 新しく高置水槽を入れ替える更新工事を提案し、ご依頼を頂きました。 この事例では高置水槽の更新工事に伴い、水槽周りのバルブや配管も更新しました。 今回の現場は、足場の少ない高所に高置水槽が設置されていました。 移動スペースが狭く、転落の可能性がある危険な現場です。 常に転落・落下の危険予知を行いながら作業を行います! ライニング工事で一時的に補修を行っても、水槽の劣化状況を考えると 今後どれだけ使用できるかといった不安があったとのことでした。 今回、高置水槽の更新を行ったことで、お客様の不安を解消することができました。 水槽清掃をご依頼頂いている現場では、補修、更新の御提案をさせて頂いております。 また新品で綺麗なものになった為、衛生的な面からも更新して良かったとのお声を頂きました。 大阪本社:坂下 関連ページ :給水設備メンテナンス ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント