mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2017年12月

排水槽溢れる

そば屋さんにて、厨房の排水槽が頻繁に溢れ 仕込み部屋が排水まみれになってしまう状況だった為、 何か良い管理方法は無いかと相談を受けました。 原因を調査すると、そばのゆで汁がポンプにまとわりつくように 汚れが付きポンプの起動を妨げていました。 今までは排水が溢れると、水道屋さんにて排水槽を簡易的に洗浄していましたが、 水道屋さんでは汚泥の吸引はできず、排水ポンプの掃除をしていなかった為 頻繁に詰まっていました。 改善策として下記内容で提案しました。 ①排水槽の清掃頻度を増やす 年1回⇒年3回。 ※3回の内1回は汚泥を吸引し、ポンプ廻りの掃除+ポンプの吸い込み箇所の掃除。 ②排水ポンプの運転データを取り、ポンプの能力が低下していないか定期チェック。 ③有機物を分解する薬品(納豆菌)を定期投入し、ポンプ廻りの汚れを絡まりにくくする。 ※油脂及びでんぷんを分解する薬剤は多数あるが、現場ごとに得手不得手がある為、 メーカーサンプル品を現地で使用した結果、今までの状況を大幅に解消しました。 【薬品投入前後の比較写真】 ④ポンプの能力低下の為、ポンプ交換工事をする。 【汚水槽内洗浄風景写真】 【結果】 今まで年4回程度溢れていた排水槽が溢れなくなり、店内が衛生的に保てるようになりました。 簡易的な清掃では取りきれなかった汚れも、 弊社では清掃+汚泥をバキュームにて吸引する事で取り除く事が可能です。 そして薬品を定期投入する事で、ポンプまわりの汚れをつきにくくする様な、予防保全も提案致します。 大阪本社:松石 関連ページ : 排水設備メンテナンス ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2017年12月
« 11月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント