mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2018年4月

外国籍の超豪華客船で採水

ホームページより、採水業務を含めた水質検査についてご依頼をいただきました。 現場はなんと、外国籍の旅客船。 全長約300メートル、最上甲板は17F。 世界で10本の指に入るほどの超豪華客船です。 その姿はさながら巨大ホテルのよう。 今回は日本に停泊中の約7時間で、50ヶ所近くの採水を行わなければなりません。 ・・・今回の作業でのポイント・・・ ■ 日本語が通じない 外国籍客船のため、現地での会話も英語、船内マップも英語表記です。 ■ 複雑な乗船手続き 事前に税関の手続きが必要です。 また、当日は乗船時にセキュリティーチェックがあります。 こちらも全て英語でやりとりを行ないます。 ■膨大な採水箇所&限られた時間 採水場所は船内のジャグジー、ホットバス、浴場等の温浴施設が25箇所ほど、 残り半数は客室内のシャワーから採水しました。 現場は巨大な客船。船首から船尾まで何度も往復する必要があります。 英語表記の採水場所名に加え、船舶特有の専門用語とも格闘しました。 無事に採水作業を終え、急いで帰阪します。 今回ご依頼いただいたレジオネラ属菌の分析は、培養法で10~14日間かかります。 今回は英文成績書をご希望でした。こちらも自社で対応可能です。 実はお客様、たくさんの分析会社に問合せをされたようです。 しかしどこからも断られてしまい、最後にたどり着いたのが我が社。 ホームページを見て「もしかしてこの会社なら…!」とご連絡をいただきました。 初めてのお取引にも関わらず、本国の船舶会社と時差の中で細かな調整を行なっていただきました。 お客様からは「是非次回もお願いします!」と嬉しいお言葉を頂戴しました。 大阪本社 福原 関連ページ : 水質検査 ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2018年4月
« 2月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント