mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2018年12月

樹脂の破断の原因は?

給水設備の部品が 破損した原因を調査して欲しいと、ご依頼を頂きました。 その部品は、金属ではなくプラスチック部分で亀裂が生じていました。 情報を聞き出していきます! 設置してから2~3年。 急激な力がかかるところでもないとのこと。 状況としては、接続部から内部に沿って亀裂がいくつか発生しています。 調査方法 … 樹脂系(プラスチック等)の調査は、亀裂面の破断状況を観察していきます。 まずは、観察しやすいようにサンプルを加工します。 亀裂部を壊さないように周りの部分から切り離す作業が、 調査に大きく影響する為、慎重に対応していく必要があります。 加工し、準備が整い次第、破断面をデジタルマイクロスコープと電子顕微鏡で観察します。 今回の調査結果 疲労破壊のような破断面ではなく、鏡面のような滑らかな部分がありました。 よって、ソルベントクラック(溶剤亀裂)が原因と推測されます。 機械設置時に油などを扱っていた為、それらがプラスチックに浸透し 破損しやすくなったと考えられます。 原因が判明した為、油や溶剤の付着を考慮し、プラスチック部品を交換しました。 大阪本社:勝本 関連ページ ::劣化診断 ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント