mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


2019年3月

トイレ内での臭気測定

ある日、ビル管理をされているお客様からトイレの管理状態を より良くしたいとの事で、下記のご依頼を頂きました。 「トイレの臭いが気になる。 清掃は実施しているが、清掃効果の検証材料として、臭いを測定して数値化して欲しい。」との事。 数値化して欲しいというお客様からのご要望に合わせて、弊社はデジタル機を用いて測定致しました。 ※上記の測定以外に、「特定悪臭物質22項目測定」という方法もあります。 今回の状況と箇所数を考慮して比較的料金の安い2種類の測定をご提案させて頂きました。 人が立ち入らない夜間での7日間作業。全31箇所のトイレの測定を完了しました。 朝までに完了指定の中、トイレ清掃の作業時間と合わせて、 事前打合せで分刻みの工程を調整し、スムーズに施工完了出来ました。 あまり前例がない作業でしたが、汚れや臭いの発生源となるものなど、 現地の状況を確認しながら測定を行ないました。 測定の結果、わりと綺麗なトイレでしたが、部分的な臭いが感じられ、1箇所アンモニアを検知。 その他、測定結果から便器の周りの清掃も必要であることや、清掃用のモップから臭いを検知したり、 芳香剤によって臭いが発生していることもお伝えし、今後の清掃方法についての 改善検討の材料になるデータをご提供出来ました。 ※清掃の方法を変えた場合などは、定期測定をおすすめしています。 結果は少し臭いの強い所でアンモニアが0.2検知された箇所が1箇所ありました。 基準値はありませんが、作業前後や場所を変えて数値を比較し測定しています。 今回は①トイレ清掃前 ②トイレ清掃後 ③廊下で数値を比較し、測定を致しました。 (右写真)簡易臭気レベル測定では、臭いの強弱を数値化することができます。 今回は洗面台・大便器・小便器・中央部を全31箇所で測定致しました。 大阪本社 前川 関連ページ :環境測定 ↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント