mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


安心してアスベスト除去工事を行うために

アスベスト除去工事においては作業場内が管理区域となり、周辺環境から隔離されます。
毒性のあるアスベストが周辺環境へ飛散し、健康被害を発生させることを防ぐためです。
当然、除去工事中には周辺環境の空気をサンプリングし、アスベストの飛散の有無を確認しますが、
結果はサンプルを実験室に持ち帰り分析しないとわからないのが現状です。
実験室でアスベストの飛散が確認されたときには、既に現場では多量のアスベストが飛散していたと
いうことも起こり得ます。

そこで、弊社ではデジタル粉じん計による測定を提案しています。
デジタル粉じん計は一般的なほこりや粉じんをはかる装置です。
アスベストを直接測ることはできませんが、作業現場での空気の汚れ具合がわかります。
このデジタル粉じん計を除去作業中、そして除去作業前後30分間、作業現場のあらゆる場所で
測定することで、アスベストが漏洩していないか確認することができます。

デジタル粉じん計の測定はリアルタイムでわかり、お客様にすぐにご報告できるので、
安心して頂けています。

大阪本社 吉本

関連ページ : アスベスト調査採取 測定分析


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント