mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


アスベストばく露防止対策(アスベスト気中濃度測定)

自社ビル、テナントビルのオーナー様より、
社員や入居されているテナント様の安全管理の為に
建物で使用されている吹付け材のアスベストの飛散状況を定期的に
確認したいという御依頼が増えています。

工事等で直接吹き付け材に触れるような作業等に限らず、
経年劣化が原因でアスベストが飛散している事例も確認されています。
また石綿を含む保温材、耐火被覆材、断熱材(レベル2)においても、損傷や経年劣化等で
石綿が飛散する恐れがある場合、吹き付け材(レベル1)と同様の措置が必要になります。
(石綿則第10条)

定期的に気中濃度測定を実施する事をお勧めします。

大阪本社 東(ひがし)

関連ページ : アスベスト調査採取・測定分析


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント