mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


外壁仕上げ塗材 アスベスト含有分析について

「 含有から一転 含有なし判定 」

解体業者から施主への報告 偏光顕微鏡分析の結果、0・1%~5%含有 で対策必要との判断

厚生労働省から外壁仕上げ塗材など、繊維が確認されて偏光顕微鏡や位相差顕微鏡で判定が難しい場合は

電子顕微鏡による判定を推奨していることは

あまり知られていない

また、XRDがアスベストの結晶構造を確認する分析方法として

スクリーニングを含めて大変有効な方法であることもあまり知られていない

★ 施主から相談があり

XRD 及び 位相差・分散顕微鏡( 偏光解析可 )による判定 及び 電子顕微鏡
SEM-EDX による判定をおこなった

「 含有から一転 含有なし判定 」

☆ 外壁仕上げ塗材に含まれる アスベスト繊維は、含有濃度も0・1~1%以下と低い濃度が多く

また、繊維が短く 判定が難しい

☆ さらに、下地調整塗材 下塗材 主材基層 主材模様 上塗材( 骨材 ) が複雑に

何層にも薄く重なる塗材を、

実際の解体 または、改修工事において おこなう 除去方法・剥離方法 に応じて アスベスト分析のサンプリング 及び

分析を行う必要性についても あまり知られていない

 

★ 平成29年4月 以降 労働基準監督署からの指導も厳しくなるなか

巷では、誤判定が横行していることも現実としてあるので

外壁仕上げ塗材 アスベスト含有分析 が大変難しい 間違いやすい分析であることを理解いただき

判定がおかしい? と疑問に思われた時は、 ご相談ください

( この件についてのお問い合わせは、精度対策担当 ワキタニ まで )

検査 吉本

関連ページ : アスベスト調査採取・測定分析

 


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント