mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


コンクリート内部調査

壁に配管を通す穴を開ける為に
コンクリートの内部の鉄筋及び配線などの状況を調査してほしい。
ただ、壁厚が60cmなんです、、、とご依頼を頂きました。

弊社での内部調査方法には、通常X線調査を行います。

 

基本はX線調査を採用しておりますが、今回壁厚が60cm有り
結果を確認しやすいことが特徴である X線調査をする為に必要なフィルムを
30cm以内に挟むことができないことから、今回は、レーダー方式を採用しました。

 

レーダー方式は、電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射します。
放射した対象物からの反射信号を受信し、鉄筋などの位置や深さを調査します。

検査位置を正確に合わせるために
図面を確認し、壁にテープを貼り付け、両サイドのピッチ(測定間隔)を合わせます。
チョークとモノサシを使って、慎重に位置取りを行います。


正確な位置取りを元に、調査は無事に完了しました。
依頼元様にて、検査結果を元にコアを抜き、無事配管を通す事ができました と喜んで頂きました。

大阪本社 勝本

関連ページ :劣化診断


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント