mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


緊急!VOC測定

ある新築事務所の竣工引き渡し後に、事務所内の女性スタッフが
喉の痛み・頭痛(シックビル症状)を訴えて病院治療をしている。
緊急で調べてほしいとご相談がありました。

現地へお伺いすると換気扇が工事不備により作動していませんでした。
換気扇が作動していない事が原因で、揮発性化学物質(VOC)が指針値を超えていたと推定。
※小規模な建物であり、仕様書の特記事項にVOC測定をするようになっていなかった為
引き渡し時に測定はしていませんでした。
まず、工事業者にて換気扇の修理を行ない、VOCが指針値以下であることの証明が必要となりました。

夜間にて、緊急にVOC及びホルムアルデヒド /アセトアルデヒド測定を実施。
換気扇を作動していない状態の測定では、指針値は超えており、
換気扇を作動した状態では、指針値以下の結果となりました。
更に1週間後、再度換気扇を作動していない状態と作動した状態で測定を行うと
どちらの状態も指針値以下となりました。
※換気扇をずっと回していたことで、室内のVOCが建材から追い出された。

夜間の緊急対応で測定を実施し、指針値以下の結果を迅速に提出できたことで、
お客様のクレームを回避する事ができたと、喜んで頂きました。

※指針値とは:厚生労働省「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」で審議され、
次のような考えで数値をきめています。
「指針値は現時点で入手可能な毒性に係る科学的知見から、ヒトがその濃度の空気を
一生涯にわたって摂取しても、健康への有害な影響を受けないであろうと判断される値」を
室内濃度指針値として示されています。

大阪本社 山下

関連ページ :環境測定


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2018年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント