mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


竣工現場なのに水質検査不適合

先日、ビルの新築工事後の水質検査で、TOCが基準値3mg/Lのところ
10mg/L検出され、不適合でした。
TOC(total organic carbon=全有機炭素)は建築物衛生法の10項目に含まれており、
水中の(有機性の)炭素の量を見る項目です。
水中にどろどろとした汚れが入ると高い値を示します。

今回の現場は、新品の配管内に残っているノリによって高い値を示したと考えられました。
対策として、十分なフラッシング(貯水槽容量の2~3倍程度)を行うよう提案しました。
その後、TOCの値を確認すると、0.8mg/Lで基準値に適合。
お客様も安心しておられました。

新築工事、改修工事の後の水質検査では今回のようなケースが時々見られるので、
特に十分に放水してから採水して頂ければと思います。

大阪本社 寺田


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント