自家発電設備の点検方法が改正されました。

2019年06月06日

自家発電設備の点検方法が改正されました。~平成30年6月1日 施行~

【 改正のポイントは大きく4つ 】

1)負荷運動に代えて行うことができる点検方法として、 内部観察等※を追加

2)負荷運転及び内部観察等の 点検周期を6年に1回に延長

3)原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の 負荷運転は不要

4)換気性能点検は負荷運転時ではなく、 無負荷運転時等に実施するように変更

--------------------------------------

【 内部観察等とは? 】

■ 過給器コンプレッサ翼及びタービン翼並びに、排気管等の内部観察
■ 燃料噴射弁等の動作確認
■ シリンダ摺動面の内部観察
潤滑油の成分分析
冷却水の成分分析
潤滑油・冷却水の成分分析については、日本水処理工業にて分析可能です!

消防庁 参考リーフレット

潤滑油・冷却水の成分分析について詳しくはこちらをご覧ください
設備用水について