冷却塔が異常停止した!

  • 冷却水
  • 冷えない・暖まらない
  • 熱交換器が使えない
冷却塔が急に異常停止して困っている!

解決

冷却塔の異常停止の原因としては、冷却水のストレーナに異物が付着して詰まっていることが考えられます。当社では、トラブルの原因を素早く究明し、問題を解決します。

顕微鏡検査によりミクロレベルで異物の検査をし、トラブルの原因を究明します。

冷却塔の異常停止のトラブル事例

あるオフィスビルで、冷却塔が異常停止し、調べてみると冷却水に異物が付着して詰まり、機器が異常停止したことが判りました。スライム、藻が原因だと思われていましたが、光学顕微鏡で観察した結果、目視で確認できなかった糸状の繊維が冷却塔部より剥離していたことが原因と判明しました。

ストレーナに付着したスライム状異物 光学顕微鏡で拡大(100倍)繊維状物質であることが判明
ストレーナに付着したスライム状異物 光学顕微鏡で拡大(100倍)繊維状物質であることが判明

SL-image52
<解説>繊維はFT-IRにてセルロースの波形と一致しました。

結果的にストレーナ詰まりの原因はスライムやスケールではないことが判り、薬品洗浄の必要がないことが判り、大幅なコストカットが可能になりました。

Nihonmizushori-Kogyo Co.Ltd複写・転載禁止