mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


塩素注入点の腐食調査

配管更新を提案している現場にて、浴槽ろ過機の配管の内視鏡調査を行いました。
薬液注入点のサイホン止めチャッキ弁を外し、そこから内視鏡を入れ確認しました。


配管内部は腐食の進行が激しい状態でした。

こちらの現場では設備の都合上、配管材質がSUS(ステンレス鋼)であり、腐食の進行が早いです。
通常は塩ビ管などの使用をお勧めしています。
今回は注入点から先の配管を更新する事になりました。

大阪本社 福井

関連ページ : 水質管理


↑↑当社facebookはこちらから
写真や動画をUPしています!


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント