mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


オイルタンク廃止に伴う清掃

弊社ではオイルタンクの廃止に伴う清掃を行っています。
油炊きボイラーからガス炊きボイラーへの変更や廃止に伴って、消防署に廃止届を提出する必要があるので、
清掃及び乳化処置をして、写真報告書を作成しお客様へ提出します。
今回のご依頼は、設備業者様より熱源機器(PACに変更)の更新工事に伴いボイラーが撤去となり、
オイルタンクが不要となったためです。

まず、マンホールを開放して残油を抜き取る作業ですが、こちらの現場では外部にオイルタンクがあり、
マンホール上に雨水が溜まっていました。

雨水を除去し、早速マンホールを開放!と思いきや、雨水のせいでボルトナットが錆びており、
開放するのに非常に苦労しました…

マンホールを開放後、残油を抜き取り、槽内へ入りスラッシ及び内部の清掃を行います。

その後、乳化剤にて槽内をくまなく拭き取り、水洗いをして完了です。

オイルタンクはA重油・灯油等の可燃物なので、専門家による清掃と適切な産業廃棄物処理が
必要です。

大阪本社 鈴江


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2020年10月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント