mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


京都SCに異動後初めて知った自然冷媒ヒートポンプ給湯機洗浄

私事ですが、京都SCに異動になりまして滋賀県の湖北地域など、冬期大変寒くなる地域での
お仕事のご依頼が増えました。

その中で大阪本社に在籍していた時にはほとんどご依頼のない自然冷媒ヒートポンプ給湯機の
洗浄をご依頼いただきました。

滋賀県は井水を利用されているお宅が多く、井水は軟水処理されてから利用されないと給湯の回路に
スケールが発生しやすくなります。

今回洗浄させていただいたお客様は設置当初は軟水処理がされておらず回路内にスケールの詰りが
発生していた為、異常を検知してエラーが発報して運転ができないとお困りになられていました。


実際現地で配管を加工して洗浄ポンプで流量を確認したところ、
ほとんど水が流れていない状態でした。


薬品で循環洗浄します。


洗浄を始めると、みるみるうちに流量がUP!

配管の中が綺麗になり洗浄後は試運転良好でお客様も喜ばれていました。

配管は地域の水質によってスケールの発生率や硬さが違うので設置前に水質検査を行い、
水質にあった処理方法が必要ですとお客様に知っていただきたいと感じました。

一次点検で洗浄で直らなければ修理代がお高くなると言われていたそうで、洗浄で改善され
とてもお喜びになられていました。

京都SC 矢内

関連ページ : スケール化学洗浄

 


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント