mizushori ここだけの話

私達サービスエンジニアの現場での奮闘の日々、喜んでいただいた出来事をお伝えします。


下水道管内 自走式カメラ調査

某工事現場にて、工事現場からの下水道への廃土流出や破損状況を確認して欲しいとの、
ご依頼を頂きました。

作業としましては、カメラで下水道内の陥没や破損状況の確認をします。

現場の下水道管は口径が200~350φと大きく、通常の内視鏡では確認が難しいです。
なぜなら光が弱く、広範囲を撮影できない為です。
またこの系統は排水規制が出来ず、絶えず排水が流れている状況でした。
その為、今回は自走式のカメラで状況確認を行いました。
通常の内視鏡より強光なライトを搭載している為、広範囲が撮影できます。

今回のカメラ調査の結果、
廃土の混入は殆んどなく、管内の状況も経年劣化程度と報告でき、安心して頂きました。

大阪本社 勝本

関連ページ :劣化診断


↑↑当社facebookはこちらから


検索

お問い合わせ資料請求はこちらから

 

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント