日本水処理工業でお手伝いできる節電対策

15%削減のために、これまでの活動にプラスできる節電対策のご案内です。
当社でお手伝いできる節電対策をご紹介します。

 

エアコン洗浄

『 消費電力約15%~20%削減 』
室内機洗浄では風力が回復し、冷房効率がアップ 室外機洗浄で消費電力削減

 

詳しくはこちらから → 空調機器化学洗浄

 

 

冷凍機能力測定

『 無駄なエネルギーを消費していないか 』
運転状況確認・把握、対策へ

 

詳しくはこちらから → 劣化診断その他非破壊検査

 

 

水冷式熱交換器洗浄

『 消費電力約20%削減 、ガス消費量約25%削減 』
スケールを除去し、熱効率をアップします
※伝熱管にスケールが約0.6mm付着していて、洗浄した場合

 

詳しくはこちらから → スケール化学洗浄

 

 

冷却水水質管理

『 消費電力約30%DOWN 』
薬品を併用する水質管理を行うことで、消費電力や水の節約に繋がります。熱交換器を綺麗な状態を保つ事でトラブルも無くなり、長期の節電になります。

 

詳しくはこちらから → 水質管理

 

 

輻射熱温度測定

『 日溜まりは床や壁を温める輻射熱を発生させ、室内を冷房する妨げとなります 』
壁面の輻射温度が50℃を超えると、体感温度は40℃を超え暑く感じます。
※室内温度が30℃の場合
室内の温度上昇の場所及び温度を測定し、現状を調査します。直射日光が差し込む室内の温度上昇を抑えるために適切な対処方法をとることができます。

 

詳しくはこちらから → 輻射熱温度測定