簡易専用水道法定検査

  • 簡易専用水道法定検査
IMG_5223

 

簡易専用水道法定検査

市町村などの水道事業者から供給される水(水道水)を水源とする飲料水の供給施設のうち、受水槽の有効容量の合計が10トンを超える施設は、その適正な維持管理と厚生労働大臣の認可を受けた登録業者による定期検査の受検が義務づけられています(水道法第34条の2第2項)。当社は、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関として、お客様に簡易専用水道法定検査をご提供できます。

IMG_5240検査済シール

WS000000p38

 

小規模水槽

受水槽の有効水量の合計が10立方メート以下の施設を言い、「簡易専用水道」に該当はしませんが、「大阪府小規模貯水槽水道衛生管理指導要領」では、自ら適正な管理の為、登録検査機関による検査を受けることが望ましいとされています。(※一部地域を除く)

 

対応エリアは近畿・東海地方

大阪市内はもちろん、大阪府下、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、愛知、岐阜まで幅広いエリアに対応しております。

 

近畿圏の民間認定第1号

当社は、近畿圏において民間企業として初めて簡易専用水道法定検査の登録機関に認定されました。2007年度から本格的に検査業務を開始し、大阪市や京都府などの公共物件をはじめ、多くの民間建築物の簡易専用水道法定検査を実施し、着実にその実績を増やし続けています。これからも近畿エリア一円を網羅したきめ細やかなサービスでお客様のご要望にお応えしていきます。

 

 

検査の内容について

 

現地訪問検査提出書類検査(特定建築物に限る)

検査員が現地へ訪問し下記の項目を検査します。

 

  • 給水設備の配置及び系統を明らかにした図面
  • 受水槽の周囲の構造物の配置を明らかにした平面図
  • 貯水槽の清掃記録
  • 受水槽等のマンホールの鍵
  • 昨年度簡易専用水道法定検査結果書
  • その他の帳簿書類(設備定期点検記録・水質検査記録等)

 

※原則として現地にて上記書類の保管が義務づけされています。

 

 

提出書類検査(特定建築物に限る)

建築物における衛生的環境の確保に関する法律の対象となる施設(特定建築物)の簡易専用水道法定検査は設備管理者記載による書類検査にて検査を受けることができます。

 

  • 残留塩素測定の記録帳簿
  • 水質検査結果を記録した帳簿
  • 防錆剤の維持管理記録(使用施設のみ)
  • 昨年度簡易専用水道法定検査結果書
  • 設備点検の記録帳簿

 

※原則として現地にて上記書類の保管が義務づけされています。

※書類検査においては現場に保存されている上記書類と、当社がお送りする

 施設およびその管理の状態に関する検査書類を同封して郵送をお願いします。

 

 

こちらから申込書がダウンロードできます。

検査時にご用意していただく書類についてのご案内です。

検査後の総合判定結果についてのご説明です。

検査後助言させて頂く、改善必要事項についてよくある事例をまとめました。