劣化診断

    • 劣化診断(内視鏡調査、

     超音波肉厚測定、
     抜管検査、X線診断)

  • 能力診断(超音波流量測定)
  • 腐食原因調査
  • その他非破壊検査

 

 

人と同じように、設備にも「健康診断」が必要です。

設備の劣化・老朽化は、私たちの目に見えない所で確実に進行しています。だからこそ人間と同様に定期的な健康診断が必要となります。また、施設の設備改修計画やライフサイクルコストプランの算出にもX線や超音波などを駆使した劣化診断は必要不可欠なものです。私たちは、調査から対策まで一貫した診断を行い、設備管理の適切な運営をお手伝いします。

配管設備の劣化診断

私たちは設備の健康を診る専門医です

管内の腐食、スケールの付着、異物の堆積、あるいは管の破損。一口に劣化といっても、その状態はそれぞれの配管によって異なっています。劣化の状態を正しく知り、適切な処置を講じるためにも欠かせないのが劣化診断です。

当社は「設備のドクター」として、各種専門の技術スタッフが、さまざまな診断機器を手に診断します。配管の延命、更新時期の決定、漏水原因の調査、詰まりの解消方法など、さまざまな対策という「薬」を処方し、設備管理の適切な運営をサポートします。

 

 

多角的な視点から科学的に診断

配管診断の目的

建物の配管や設備の異常をいち早く発見し、将来のリスクを予測、必要な対策を提案することが配管診断の目的です。当社では、設備配管の劣化状況を客観的に調査し、第三者にも理解、納得できるデータとして提供しています。特に、劣化の範囲と程度を正確に把握することを、診断の最も重要なポイントとして位置づけています。

 

WS000027p21

 

配管診断の流れ

 

WS000027p22

 

  • ムダのない「診断方法」をご提案

建物や設備の履歴、立地条件、使用環境などによって、必要な診断方法は異なります。当社は、豊富な経験とノウハウを活かし、さまざまな診断方法の中から、状況に応じた最適な手法を選択し、作業面でも、コスト面でもムダなく診断を実施しています。そのうえで、省エネ・省資源・低コストの設備維持管理方法や設備更新の正しい方法などを提案しています。

 

  • わかりやすい「報告書」をご提出

配管・設備の診断結果は、メンテナンス全体の計画に影響を及ぼし、ライフサイクルコストの算出や改修計画立案に役立つ大きな判断材料となります。そこで当社では、単なる数値報告にとどまらず、専門スタッフが診断結果をわかりやすくまとめた報告書を作成し、お客様に提出しています。その報告書をもとに、今後の対応策やメンテナンス計画構築のお手伝いをさせていただきます。

 

管材に関する診断内容

診断方法 診断内容
内視鏡調査 腐食状態・管内汚れ・詰まり・傷・ルート調査・ライニング剥離
超音波肉厚測定 残存肉厚・推定余命の算出
X線診断 管内の腐食状態・残存肉厚
抜管検査 内部の目視・残存肉厚・推定余命の算出
超音波流量測定 ポンプ能力・設計流量の確認

flowchart

内視鏡調査

管内の状態を映像で確かめます

内視鏡調査では、直接目視することのできない配管内部の状態(腐食状況や詰まりなど)を、内視鏡を挿入することで、観察できます。工業用内視鏡から排水管用ビデオシステムまで、調査目的・管種・管径に合わせて錆瘤などの劣化状況や汚れ具合などを調査します。

WS000027p23WS000028p23WS000029p23WS000030p23

 

  • 特長

●管内の腐食状況や閉塞状況を目視観察できます。

●配管の割れや変形、排水の滞留状況を確認できます。

●管内モニターシステム、Gラインスコープでは破損位置の距離がわかります。

 

  • 作業時間

●1ヵ所 30分程度

(水抜きや水張り、配管脱着作業時間は含みません)

 

  • 操作手順

WS000031p23

 

  • その他の注意点

●断水やトイレの使用禁止、空調機器を一時停止する必要があります。

●数値的なデータは得られません。

●電源(100V)が必要です。

 

超音波肉厚測定

一目で理解できる分析結果を提出します

超音波肉厚測定は、配管外表面から残存肉厚を測定し、浸食率や最大浸食度、残存余命を算出することができます。測定結果は、データをドーナツ状のグラフとして視覚化し、配管の現状の肉厚が具体的に把握でき、一目でわかるようになっています。

WS000007p24WS000008p24WS000009p24

 

  • 特長

●断水させることなく、配管肉厚を計測できます。 

●浸食率や最大浸食度、残存余命を算出することができます。

 

  • 作業時間

●1ヵ所 30分程度

 (保温材の脱着などの作業時間は含みません。配管サイズによって多少前後します)

 

  • 操作手順

WS0000011p24

 

  • その他の注意点

●保温材の脱着は300mm~500mm必要です。 

●測定箇所は直管部となります。

●バッテリー内蔵型のため、電源は必要ありません

 

Ⅹ線検査

配管の腐食具合を診断します

X線検査はX線を照射することで、配管内部の腐食状況を確認できます。当社では、X線作業主任者の資格をもつスタッフが、現像作業車で現場に赴き、その場で検査結果をご報告します。

 

WS000000p25WS000001p25

WS000002p25WS000003p25

WS000004p25

  • 特長

●内視鏡を使えない場所も配管の減肉状況を確認できます。

●撮影したフィルムをその場で確認できます。

●溶接部の隙間確認などができます。

●床スラブ・壁面の内部状況を確認できます

 

  • 作業時間

●配管サイズや撮影場所などの諸条件によって変化します。(1日10ヵ所程度は撮影可能)

 

         

  • 作業上の注意点

●撮影部位の保温材を脱着する必要があります。(500mm)

●150A以上の配管は画像が不鮮明になるので、水を抜く必要があります。

●配管とX線装置の間に600mm程の空間が必要です。

●現地で現像をするので、現像作業車を作業場近くに駐車する必要があります。

 

  • その他の注意点

●人体に有害なX線を使用するため、立ち入り禁止区域を設ける必要があります。

●配管の減肉具合を画像としてとらえるので、数値化はできません。

●継手部の状況確認は困難な場合があります。

●厚さ300mmを超えるスラブは撮影が困難です。

●電源(100V)が必要です。

 

非破壊調査セット(超音波肉厚測定・X線検査・内視鏡調査)

従来の劣化調査において、肉厚測定による推定余命計算と腐食状況の把握ができるのは、
破壊検査である抜管検査だけでした。
しかし、抜管検査は断水や排水規制、夜間作業などの制限事項が多くあります。
当社は抜管と同様の検査をさまざまな診断方法を組み合わせて非破壊で行う、
精度の高い劣化調査をご提案致します!

 

 

抜管検査

配管内部の状況を実際に目で確かめます

抜管検査は、既存配管の一部を抜き取ることによって、実際の管内表面の状態(腐食や詰まりなど)を肉眼で確認することができます。管理者や居住者に対して説得力のある技術資料として改修・更新計画などに活用いただけます。当社では、他社に先駆けて、サンドブラスト装置を導入し、納期短縮を実現。また、デジタルマイクロスコープを導入し、より高い検査品質を目指しています。

WS000000p26WS000001p26

 

  • 特長

●管内の腐食状況や異物による閉塞状況を目視観察できます。

●最も腐食が進んでいる部分の肉厚を測定することができます。

●浸食率や最大浸食度、残存余命の算出が可能です。

 

  • 操作手順

WS000002p26

 

検査サンプルはエルボやチーズなどの継手部(溶接部も可)を含むもので、継手より上下流側ともに300mmの直管部をつけた状態のままでお持ち込みください。また、サンプリング時に配管をガス溶断される場合には、熱変性分(50mm程度)を上記のサンプルに追加してサンプリングされるようお願いします。

 

  • その他の注意点

●破壊検査であるため、サンプリングや復旧のための作業時間と工事費用が必要です。

●断水や排水規制、空調の一時停止が必要です。